HOME › スタッフブログ

派遣と請負・製造業務

2014年10月07日

派遣事業と請負事業の区分基準

〔製造業務の場合〕

以下のすべてを満たした場合のみ請負事業と認められます。

該当しない項目がひとつでもあれば派遣事業者としての届出等が必要となります。

 

□  受託者は、一定期間において処理すべき業務の内容や量の注文を注文主から受けるようにし、当該業務を処理するのに必要な労働者数等を自ら決定し、必要な労働者を選定し、請け負った内容に沿った業務を行っていること。受託者は、作業遂行の速度を自らの判断で決定することができること。また、受託者は、作業の割り付け、順序を自らの判断で決定することができること。

 

□  受託業務の行う具体的な日時(始業及び終業の時刻、休憩時間、休日等)については、事前に受託者と注文主とで打ち合わせ、業務中は注文主から直接指示を受けることのないよう書面を作成し、それに基づいて受託者側の現場責任者を通じて具体的に指示を行っていること。受託業務従事者が実際に業務を行った業務時間については、受託者自らが把握できるような方策を採っていること。

 

□  受託業務の業務量の増加に伴う受託業務従事者の時間外、休日労働は、受託者側の現場責任者が業務の進捗状況等をみて決定し、指示を行っていること。

 

□  自らの労働者の注文主の工場内における配置も受託者が決定すること。また、業務量の緊急の増減がある場合には、前もって注文主から連絡を受ける体制にし、受託者が人員の増減を決定すること。

 

□  注文主からの原材料、部品等の受取りや受託者から注文主への製品の受渡しについて伝票等による処理体制が確立されていること。また、注文主の所有する機械、設備等の使用については、請負契約とは別個の双務契約を締結しており、保守及び修理を受託者が行うか、ないしは保守及び修理に要する経費を受託者が負担していること。

 

(昭和61年4月17日労働省告示第37号)



派遣と請負・車両運行管理業務

2014年10月07日

派遣事業と請負事業の区分基準

〔車両運行管理業務の場合〕

以下のすべてを満たした場合のみ請負事業と認められます。
該当しない項目がひとつでもあれば派遣事業者としての届出等が必要となります。

 

□  あらかじめ定められた様式により運行計画(時刻、目的地等)を注文主から提出させ当該運行計画が安全運転の確保、人員体制等から不適切なものとなっている場合には、受託者がその旨を注文主に申し入れ変更できるものとなっていること。

 

□  自動車事故等が発生し、注文主が損害を被った場合には、受託者が注文主に対して損害賠償の責任を負う(又は求償権に応ずる)旨の規定を契約書に明記するとともに、当該責任を負う意思及び履行能力を担保するため、受託者が自動車事故等に係る任意保険に加入していること。

 

□  運転者の提供のみならず、管理車両の整備(定期整備を含む)及び修理全般、燃料・油脂等の購入及び給油、備品及び消耗品の購入、車両管理のための事務手続、事故処理全般等についても受託することで注文主の自動車の管理全体を行っているものであり、また、当該受託業務の範囲を契約書に明記していること。

 

(昭和61年4月17日労働省告示第37号)



再び、ご無沙汰のお詫び

2014年10月07日

大変ご無沙汰してしまいました、うっきぃです。

繁忙期の間中、このブログコーナーをどうしたものかと悩んでおりました。
業務と関係のないネタは続かないし、個別の案件のことは書けないし(;´・ω・)ウーン・・・

農閑期の秋になったら、方向性を決めて正常稼働させることを目標としてました。

試しといってはなんですけれど
お客様からのお問い合わせのお返事やご依頼いただいた調べ物や資料で
汎用性のあるものを覚書的にアップしていくのはどうだろうかな、と思いまして。

まずは、
春国会で廃案となり、秋国会でも取扱い微妙で、はっきりしてよ、もう!的なアレ。
派遣法に絡んで、通達から拾った派遣と請負の区分基準を淡々とアップしてみようかと。

アクションは地味ですが、決意はアツいです。つづく。

画像は、自宅近くの素敵なイタリアンレストランから見た讃岐富士、白山です。



代理のご挨拶

2014年09月12日

代理投稿のうっきぃです。

このブログを持ってくれていたなおこさんは
2014年春に惜しまれつつ退社され、
夏には可愛い女の子のお母さんになりました♪

約3年の間、ほんわかと事務所を守ってくれてありがとう!

お客様みなさまにも可愛がっていただきました。
あらためて御礼申し上げます。
ありがとうございました。


河竹先生、ご逝去

2013年05月07日

尊敬する恩師が亡くなられました。

河竹登志夫先生、ご逝去の記事

粋でステキな先生でした。

卒業時の謝恩会の折り、
「先生、今迄お世話になりました。これからもよろしくお願いいたします」と
ご挨拶いたしましたら、
「いや、君、これからは師弟じゃなくて、男と女だからw」
あら先生粋で素敵、と思っていましたが、
あのときすでに還暦を5年も過ぎておられたのですね。

お浄土では、代々の名優がたとお会いになっていることでしょう。

「こっちの芝居を見たら、娑婆の芝居なんて、あほらしいて、見てられしまへん。
名優はみなこっちへ来てんのやさかい。」


心よりご冥福をお祈り申し上げます。


ヨシダソース創業者 吉田会長の講演会

2013年01月15日

バイタリティあふれるK社長よりご案内いただきました、
ヨシダソース創業者、吉田潤喜会長のご講演会のお知らせです。
2013年1月19日(土)18時30分より 香川県社会福祉総合センターにて。


wikiで調べてみましたら、
ハンディやご苦労をものともせず、常に前向きに歩んで来られた、
豪快な人生が浮かび上がります。
ミーハーなワタクシはヨシダソース自体にも興味津々で、
さきほどamazonでクリックしちゃいました。
鶏の照り焼きに使うと美味しいんですって。ぐふふ。

ご興味ある方はぜひご参加を!
↓からご案内ページに飛びます♪
吉田潤喜氏講演会 ご案内


あけましておめでとうございます。

2013年01月09日

あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

年明けて通常営業日3日目の今日ですが、
あら? 今年はなんだか景気がいいんですか?
震災前の1月を思い起こすここ数日です。
おかげさまでとても忙しくさせていただいております。
年頭のご挨拶が遅くなりまして大変失礼いたしました。

年末年始四方山話。

****
日本中が迷いに迷った衆議院選挙を経て自民党に政権が戻り、
アベノミックスなるものへの世間様的期待増大により
円安・株高傾向になりましたね。
公共投資云々など、長過ぎた不景気のせいで疑心暗鬼になってる部分もありますが、
株価が上がればワタクシ的には一安心。
白猫でも黒猫でも、鼠をとる猫が良い猫である、とは鄧小平の言葉、
あのころの中国と同じと考えるならば、小異は捨てて優先順位を明確にすることが重要か。

****
ここ数年アイドルグループ嵐がお気に入りのワタクシ、
レトリーバーの仔犬がわちゃわちゃしてるのを見るかのように癒されております。
年末新たに購入したDVD「嵐フェス」に収録されていた、
二ノのソロ曲が大変気に入り、収録されているアルバムを購入しようとしたら、
amazonで定価の3.5倍の値がついて取引されていることを知って驚愕。
込んでるバスに乗っちゃダメだー
なんだ、日本はやっぱり景気いいのかな?

****
昨年秋に愛犬が仔犬を産みました。
お父さん犬がとても良い子だったことも多大に影響し、
四国犬マニアのみなさんに大変喜んでいただける仔犬が生まれました。
ウチには女の子をひとつ残しました。
 


まだ日本語が通じないので、ひとつひとつ積み重ねです。
地元の展覧会にだけは出陳しようと思ってますので、
よろしかったら日本犬保存会香川県支部の展覧会にお運びくださいませ。
四国犬の保存活動を通じて、地味ぃぃに香川を盛り上げ隊♪


[短期集中連載3]採用活動における出来合いのお惣菜論

2012年12月27日

前回、求職者の方のお話を書きましたが、今回は求人側のお話です。

****
例えばの話。

あなたの家庭であなたや家族のために食事を準備する方がいらっしゃったとして、
その方が出来合いのお惣菜ばかり食卓に並べる方で、
しかもそのお惣菜が家族の口にはあまり合わない、としましょう。
買ってきた本人も家族も、美味しくないねえと文句ばかり。
でも、その方を含めた家族は誰も我が家の味のお料理にトライしようともせず、レシピの研究もしない。
お惣菜のお店開拓にも努力をせず、近場で楽に買えるものだけを買っている。

これはOK? 幸せ?

家庭の味を安定して供給できるようになるためには、
毎食ごとにメニューを考え、素材の野菜やお肉・お魚の種類や産地を吟味し、
調味料のバランスを何度も試行錯誤し、
家族の感想を聞きながら微調整していかなければなりません。

人材の採用・教育だって同じこと。

あなたの思い通りの人材にするためには、社内教育は不可欠です。

採用から14日間は即日解雇が可能です。
この期間は、達成すべき修得内容・勤怠成績を採用日に提示し、達成度合いを厳密にチェックします。
その後の試用期間内は、指導員を特定し日報を書かせるなど就業態度と修得度合いを常に確認。
試用期間を終了し本採用になったとしても、一人前になった思えるまでは、
常に目を光らせ報告をさせ指導をし続ける必要があります。

即戦力がほしい、経験者がほしい、とおっしゃる方の中には
こうした基礎教育すらしなくていい人材がほしいと思っている方がいらっしゃいます。

どんな上等の霜降り肉だって、そのままでは食べられません。
逆に、特売のお肉だって、調理方法次第で立派なごちそうになるでしょう。

一手間は、かけなければならないもの。
まずはこのことをご了解いただいて、採用活動にあたっていただきたいのです。

二手間だって三手間だってかけるつもりがあるさ!という会社なら、
基礎能力が高ければ未経験者だってOKなはず。
経験者にこだわってマーケットを狭くする必要はないのです。


****
引き続き、例えばの話。

料理の腕に自信がないとき、とびきりの良い食材でなんとかしようと思ってしまう方がいます。
どうせ刻んで煮込んでしまうのに、形の綺麗なツヤツヤの新鮮野菜ばかり買う。
結局タレの味にたよった料理になるのに、上等のかたまり肉を買う。

分不相応なお買物はどんどん家計を圧迫していきます。

採用活動だって同じこと。
今必要な人材は、本当に、「高学歴」で「経験豊富」で「人格高潔」な「美形」なのですか?

一部署を引っ張っていくような人材が、今、どうしても必要であれば、それは「YES」かもしれません。
しかし、アシスタントなどの補助職であれば、そこまでの人材である必要はありません。

会社によっては、多少能力が劣っても、素直で人当たりのよい人材がいい、というところもあります。
あるいは、多少我が強くてもいいから、与えられた仕事を完璧にこなす人材がいい、ということもあります。

○○でもいいから××な人、とイメージできれば、検討に値する対象はぐっと数が増え、より採用は容易になります。

採用する側は、任せたい職務を分析し、必要な人材像を明確にした上で面接にのぞんでください。

****

今日はどうしても手料理が準備できない、なんていう日もありますね。
そういう日にも満足なディナーで一日をしめくくりたいなら、
ここなら間違いないというレストランやお惣菜のお店の情報収集と開拓をしておかなければなりません。
時間もお金もかかりますが、一度そういうお店を知るとイザというときとても気持ちが楽です。

採用も同じで、あなたの会社のニーズをよく理解してくれる
有料の職業紹介事業社をいくつかキープしておくことも有効な手段です。

高いスキルや特別な経験の人材が必要な場合、
職業紹介事業社は手持ちの人材で条件に合致する人を紹介してくれたり、
ヘッドハンティングしてくれたりします。
年収の20〜30%の手数料が発生することが一般的ですが、
採用の手間ひまを考えれば決して高くないと判断される場合もあるでしょう。

また、職場の掃除や庭木の手入れなどの簡易作業であれば、
各都道府県に設置されているシルバー人材センターも良い動きをしてくれることが多いです。

ただし、どちらにしても、
どのような人材が必要なのか、どのような労働条件なのかは厳密に明確にしておく必要があります。
有料紹介や派遣を利用する場合には、この点にもっとも労力を割き、
一般の採用活動時よりもさらに具体的に検討決定しておかなければなりません。

****

さいごに。

私が面接官をさせていただく場面では、特別なご希望がない限り、
社内の他の面接官の方には一言もお話いただかないことにしています。

時に、我が社の業務内容を説明したい、我が社の歴史を伝えたい、というご希望をいただきますが、
お話になる必要がない旨お伝えしております。

求職者は、御社のことを調べた上で応募なさっているという前提で結構です。

このご時勢、HPを開設している会社は多数あります。
HPがなくても検索していれば何がしかの情報は入手できます。

「我が社の情報提供」は会社側の自己満足でしかない面接になってしまう傾向があります。
求職者はうなずいているだけで面接が終わってしまった、なんてことになったら
何のために時間と労力を割いたのかわかりません。

目安は、総面接時間の7割は求職者が話していた、ぐらいの時間配分です。
常に求職者に問いかけ、具体的な回答が得られるまで粘り強く聞き出す。

求職者が熟考し沈黙の時間ができたとしても、居心地悪く思わず、黙って待ってください。
沈黙を埋めようとして自分の話を始める方がおられますが、ここは我慢と忍耐です。

***

余談ですが、スムーズな採用活動のためには、会社案内のパンフレットを作るおつもりで
HPを開設されることをおすすめいたします。
あまり更新の必要の無い形で作成することもできますので。

 


[短期集中連載2]何一つ犠牲にせず、欲しいものだけをすべて

2012年12月26日

顧問先さまに限り、ご要望をいただけば、採用時の面接官を承っています。
不思議なことにお客様の業種・規模に係らず、時期的なトレンドが見えることが多いです。

・・・今年は異例でした・・・

今回は、多くの求職者の方にお会いしてお話した印象や内容を最大公約数で書いていきます。

もしかしたら、あっ、この人アタシのこと書いてる!と思われる方もいるかもしれませんが、
どうぞご安心ください、あなただけではなく、多くの方がそうだったのです。
そして、おそらくはその多くの方が今も求職中ではないかと推測しています。

あなたが今も求職中であるならば、その多くの人の中から
頭ひとつ抜け出るためのヒントにしていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

******

何一つ犠牲にせず、欲しいものだけをすべて
手に入れることができた人だなんてどこにいるっていうの?


とある歌詞の一部です。

面接しながら、あるいは入社されたのちごく短期間で退職される報告を受けながら、
この部分が頭の中をぐるぐる回ることがありました。

就職した・職場が変わったとき、今迄とまったく同じ生活ができる人はラッキーです。
始業時間が前より早い、終業時間が前より遅い、就業場所が前より遠い。
就業条件は会社によって様々です。

それは、求人票を見たときにわかっていたことですよね?
ここに就職したらどんな生活になるか、想像することは可能でしたよね?

あなたがその会社に対してどれだけの貢献をしてくださるのかわからない状態である面接時に、
あなただけの、定年迄の特別ルールを設定することはありません。

働きたいなら、何もかもを捨ててそこに没頭しなさいとは、決して言いません。

そうではなく、そもそもあなたは、
自分の生活での優先順位を明確にして応募されましたか? と聞きたい。

朝がどうしても起きられないなら、始業時刻の遅い会社しかあなたの勤められるところはないんです。
夕方から自分の趣味の時間を確実に確保したいなら、終業時刻が早い会社か、
残業がほとんどない会社を選ぶしかないんです。
日々の家庭の用事を優先したいなら、正社員ではなく、パートタイマーを選ぶしかないんです。

そうして就職して、手に入れられないものがあったとしても、
ご自分が優先したいものを絶対的に守れるのであれば、それを幸せと呼ばずして何と呼ぶのでしょう。

まずは、自分が本当に大事にしたいものをできるだけ数少なく認識して、
それが最低限満たされる求人を選んでください。

私は面接の際、労働条件を読み上げ、あなたがどのような生活を送ることになるのか
イメージできる質問を投げかけ、無理であるなら面接を終了してもよいことをお伝えしています。
無理だと思ったら、どうぞ面接の途中で応募の辞退を申し出てください。
 

****


中途採用求人の場合、原則として即戦力となる人材を求めています。

とはいえ、会社が即戦力たる人材はいないと思って求人していることも多くあります。
(これは別の記事で詳しく書く予定です)

経験がないことに卑屈になる必要はありません。

ないものはしょうがないじゃないですか。
経験がないからあなたは零点ですか? 経験があるフリをしなければチャンスはないのですか?
もしあなたがそう思っているなら、それは僭越というもの。
あなたの評価は、あなたを雇用する会社がすることです。あなたが決めることではありません。


自分の業務遂行能力を正しく認識してください。

wordが使える状態とは、ひとつの文書を渡されたとき
文書のレイアウト・フォントの種類とサイズ・拡張書式を完全再現してデータ化できることを指します。
ベタ打ちができる程度では「使える」とは言いません。

excelが使える状態とは、
一定の関数をマスターし、データベースからデータの抽出ができ、
プレゼンや会社管理資料の基礎データが作れる状態のことを指します。
四則演算程度の作表や既存の表に数字を入力できる程度では「使える」とは言いません。

配送ができる状態とは、
商品に瑕疵がでないよう適切に積載し、配送地域の道が頭に入っており
配送先に不快無く商品を納入できる状態のことを指します。
ただ免許を持っている程度では「できる」とは言いません。



あなたが今すべきことは、経験やスキルがないことを隠したりごまかしたりすることではなく、
その会社から、あなたの成長への期待と投資をとりつけることです。

経験がないなら、スキルがないなら、
あなたはどのようにして、どのくらいの期間で、そのスキルを、経験を、修得する予定ですか? 
具体的な計画を提示していただかなければ、投資の検討すらできません。


****

内定をとることがゴールではありません。
入社した後は、長い長い日常生活が始まるのです。
無理も嘘も続きません。ごまかせると思っているなら、大変不快です。

背筋を伸ばして、目線をあげて、自分のできること・これから必ず実行することを堂々と提示すること。
それでダメなら、原因は経験やスキルの有無ではなく、その会社との相性です。
 


 


[短期集中連載1]ケースメソッドの化学反応

2012年12月26日

[ケースメソッドとは]by Kotobank
ケースメソッドとは、実際に起きた事例を教材として、
あらゆる事態に適した最善策を討議し導きだす教育手法をいいます。
社員研修などで実施する企業が増加しており、
能力開発や次世代リーダー市区性に有効な手法として注目されています。


もとはといえば、社内研修の新しい手法として取り入れられないものかと思ったのがきっかけでした。
その手の書籍を読みあさっていたとき出会ったのが、慶応義塾大学の高木晴夫先生のDVD付き書籍。
参加者が口々に言う意見を黒板に書き付けながら、誰の意見も否定しない、ただひたすら「あなたの意図はこういうこと? なんていう表現が適切? なるほどね」と淡々と相手の真意を聞き出し集約していく姿勢に心から感動したのでした。
みんなこんなふうにコミュニケーションをとれば、どれだけ建設的な会議進行になるだろうか。
日常的にもこういう姿勢でいれば、トラブルが最大限まで回避できるじゃないか。

東京出張の際十数年ぶりに再会した旧友が、某大学で、まさにこのケースメソッドを主軸に教鞭をとっていることを偶然に知り、食いつかんばかりの勢いで質問攻めにしました。
書籍の情報だけでは追いつかない部分、主にケースの分析を皆でしていく中で産まれるという化学反応というものが、つかめるようでつかめない。
「やってみたらいいよ。とてもおもしろいよ」との彼の一言で、そうか、やってみたらいいんだ、と素直に決意したワタクシです。

まずは試しにやってみることに賛同してくれる主軸メンバーが必要でした。
いろいろなお知り合いの顔が浮かびましたが、可能な限りミニマムで試行錯誤するためには、参加者の要件を限定することで共通言語と共通環境を持つ方にご協力を請い、純粋に進行形態の試行に特化するほうがよいだろうと判断しました。
そして、女性に限定してみたい。

十数年前、香川に来たとき、多くの女性と明確な意思疎通ができないかのような錯覚に陥ったことを思い出したのです。もちろんすべての女性ではありません。ただ、首都圏と比べると、意見が不明確で発言に不慣れな方に遭遇する割合が圧倒的に高かったのです。

ぼんやりと思うところはあるのだけれど、意見を求められたことがない、だから意見をまとめてみたことがない、だから的確で端的な言葉が出てこない、だから、何を言っているのかわからない。
能力が高く、表現の素養もきちんと持っているのに、だ。
思うことを的確に言葉に置き換えるすべは、生まれ持った能力ではなく、24時間365日常にそれを意識するという簡単だけれど根気のいる自発的な訓練によって身に付きます。
コレ、底上げできたら、どうなる?

まずは、この3点を満たした方をヘッドハンティングしようと方向性を決めました。
1. 高松市内で開催される勉強会に不定期でもいいから参加できて、
2. 営利団体で働く女性で(ケースを職場に限定して始めようと思ったため)、
3. 職場でのコミュニケーションスキルのアップに興味のある方(普遍的な題材を主軸にしようと思ったため)

これぞと思った方に拝み倒して参加していただき、第一回を開催しました。

ケースは、トラブルを収束しようとして送ったメールに思いもかけない冷たい返事が返ってきて、
困ってしまってワンワンワン、、、という身もフタもないものを選んだのですが、
それぞれの登場人物について意見交換していくと、それぞれ違った視点で問題点をとらえていることが判明し、
参加者全員お互いに「それは気づかなかった・・・」とぼう然とする結果となりました。

私個人の欠陥でいえば、ケース初読で「これが元凶だ!」と判断してしまうと、
他への問題意識がゼロに近くなる悪癖をイヤというほど認識させられました。
加えて、他の参加者の発言によって新たな発見が突如として立ち上がることもあり、
その瞬間は鳥肌がたつ思いでした。

まだまだ経験不足で毎回が気づきの連続ですが、継続することの効果を実感しています。

第三回は年明け1月11日の19時より、高松市内某所で開催いたします。
ご興味のある方は、事前に使用するケースをメール送信いたしますので、お気軽にご連絡ください。

****
有り難いことに、男性じゃダメですか? とのお問い合わせをいただいております。
いえ、ダメじゃないんです、ただ、現段階の我々の進行が手探りで準備が整っているか微妙な状態なだけなんです。
第三回の開催時に、参加者の方にご意見を伺ってみますので、いましばらくお時間をいただいてもいいですか?

個人的には、職場でのコミュニケーションスキルアップには性別は関係ないので、
遠くない将来、男性もご一緒に喧々囂々意見交換できるように整えていきたいと思っております。

と、いうわけで、今年始めた一番の大きなチャレンジはコレ。
現在おつき合いいただいている、私が心から尊敬している参加者のみなさん、
今年は本当にお世話になりました。来年もどうぞよろしくおつき合いくださいませ。


このページの先頭へ